A男とA子と建築家で作る家造り

土地購入までの経緯⑪

翌月曜日の朝一番で不動産屋に見学したい旨を電話し、現場に向かい見学した印象は、

 

・下町の作業場街だったのが、徐々に一般住宅に変貌しており、悪くない雰囲気

・土地も3辺囲まれているものの、ほぼ南向きに接道

・広めの道路だが交通量はぼぼなく良い感じ

・そして駅まで4分なので、すごく便利!

 

※建築家さんに後日見て頂いたところ、抜けが良くてスカイツリーもバックに映えてとても面白い土地との評価でした。

 

K不動産屋に確認すると、

・お住まいの方が高齢で近隣の親族宅に引越すとのことで売りに出している

・Web掲載前に建売業者を当たったが、金額に折り合いが付かずWeb公開へ

・Web掲載後(金曜の夕方~月曜の朝まで)、3社程度建売業者からの問合せあり

・建売業者は値引き依頼が厳しいから、あまり前向きではないとのこと

・売主様から若干なら値引きしても良いとのこと

とのこと。値引き嬉しい♪♪

 

とは言え、一人で決められないので、妻と建築家にも相談した旨を伝え、私以外に購入に前向きな人がいたら、連絡を頂くように依頼しておきました。

 

職場に帰るとすぐに申込みしないといけない気がしてきました。

だた、一番の懸念はどの程度のボリュームの家が建てられるか?という点

 

仕事を抜け出し(笑)、日曜日に返信を頂いたいたK設計に電話をし、状況を相談。

・良い土地を見つけたが、どれくらい家が建つか知りたい

・K設計に決めている訳ではないので、有料で簡単プランを出してくれないか?

 

K設計(夫)は、有料でもラフプランの提示はしておらず、K設計に設計委託を希望する人のみにラフプランを提示している。

(K設計は、ご夫婦で経営されており、お電話では旦那様にご対応頂きました。)

しかし、今回は困っているの特別にボリューム感レベルならに調べてくれると!!

 

土地の情報を送付すれば、ボリューム感を調べておくので、水曜日の夜に打合せしましょうとのことになりました。

 

急いで土地の決断をしないと考えていたので、ご厚意が非常に有難かったです。

 

夜にA子さんに状況を報告して、翌日に現場を見てもらいA子さんも土地を気に入ったとのことでした。

 

ーーーランキングに参加しております。ーーー

 

にほんブログ村

ーーークリック頂けたら幸いです!!!ーーー