読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
A男とA子と建築家で作る家造り

概算見積Part2

年末の仕事納め翌日に設計ver2での見積についてご説明がございました。

当初3社に依頼していたが、結局2社のみの提示となりました。

 

設計ver2での概算費用

 

・両社とも、税込で5000万円程度となりました。

 

まじですか?この期に及んでまだ1000万円以上も予算と乖離があります。

しかもK男さんは、2社この金額だから妥当だと考えている。費用削減の方法はいくつか考えてきたけど、A男さんには受け入れが難しい項目ばかりだと思うと言われる。

 

じゃあ、どうすりゃいいの?でしょ。正直お手上げです!

 

f:id:project634:20170212185033j:plain

 

ちなみに削減案は

 

・ルーフバルコニーやめる。(どこに洗濯物干すの?)

施主支給をめっちゃ増やす。

 

がメインで実質意味のある削減案は無かったです。工務店の見積提示から精査時間が無かったので仕方ない反面、何を打合せのゴールに設定していたのかが見えませんでした。 

 

今後の進め方について協議

 

K設計さんは、契約打ち切りたいのかと思いましたよ。この1年は何だったのか?走馬燈のように駆け抜けて、現実から遠く離れていきました。。。

 

A男が無い知恵を絞って、下記を打診しました。

・鉄骨造が高くなっているなら、木造耐火で検討してほしい。

・木造耐火で費用が出るまで2~3か月掛かってやっぱり高かったは厳しい。だから並行して動きたい。つまり他工務店/他設計事務所/ハウスメーカにも設計ver2ベースで施主が個別に相談いくのを許可してほしい。

 

それでも2度目の大幅設計変更をやる気があるなら一緒に進めさせて欲しいとお話しをさせて頂きました。

 

 f:id:project634:20170212185213j:plain

 

先方としては、A男がブチ切れて、契約打ち切りをその場で宣告されるぐらいの気持ちでいたみたいです。A男からの提案に喜んで頂き、是非一緒にやっていきたいと快諾を頂きました。

 

ちなみに大人の対応しましたが、心の中では結構切れてましたよ!!(笑)

 

今回見積が高騰した理由を考える

K設計の設計力やデザイン力については安心してお任せしています。ご提案内容も素晴らしいものだと思っています。恐らく平時であれば、見積もスムーズに進むものだと思います。また3回目の実施設計をする手間を考えたら頭が上がりません。構造計算含めて追加費用の請求は無いと思われます。感謝の心で一杯です。

 

今回我が家は以下の点で金額の読みが難しいかったのだと思っています。

・鉄骨造の高騰(部材、人件費)

・軟弱地盤かつ狭小地かつ地表近くでも水が出る。

・防火地区(耐火建築物が必須)

のトリプル高で予想を遙かに超える金額が出てきたものだと思います。

 

後日、別建築士さんにも見てもらいましたが、基礎や構造はかなり工夫をされており、少しでも金額を抑える設計になっているとコメントをもらいました。でも高かったです。オリンピックが恨めしいです(笑)

 

金額に対する意識の差と今後について

 

当たり前ですが、建築家は建設業界の方で技術者なので、施主の人生やお金に対する責任までは負っていないのです。だから予算に対する追い込みが足りていないように感じました。

 

A男は別業界(ゼネコン体質)の営業のため見積提示のプロです。提供価値と価格と顧客予算と競合金額をコントロールし、ベストな提案(特に金額面)を作り込むことを追及しております。

だから建築家の見積に対する追い込みがヌルく感じられる点もあります。

 

結論としては、お金についてはK設計に任せっきりにせずに、俺が積極的に本気で見積に介在してやる!!と心に誓いました。

 

 f:id:project634:20170212230344j:plain

 

完全に余談ですが、住宅業界や施主ブログ等で営業を毛嫌いされているのを見ることが多いです。悲しくなります。強い営業は必ずお客様を成功に導きます。販管費以上の価値をお客様にも届ける力がありますよ!!

 

 

にほんブログ村<クリックをお願い致します!>