A男とA子と建築家で作る家造り

地鎮祭!!

5月11日(木)に工事請負契約締結&地鎮祭を執り行ってきました。

晴天にも恵まれて非常に素晴らしい一日でした!!いよいよ建設が始まります!!

f:id:project634:20170513192735j:plain

 

地鎮祭当日のスケジュール

6:30 起床

7:30 出発

8:00 御供物のお買い物

9:00 近隣カフェで請負契約 

9:30 設計変更内容のすり合わせ

10:00 地鎮祭

11:00 排水について水道業者殿と現地確認

11:30 近隣挨拶

13:00 銀行と融資契約の締結

14:00~仕事

とかなりイベントが盛り沢山の予定になっておりました。

 

工事請負契約の実施

契約書締結の場は、近隣カフェで実施しました。

こちらのカフェは小さな商店をリノベーションし、ゲストハウス&ノマド用カフェになります。モルタル床と構造表し仕上げでインダストリアルデザイン?ぽい感じでした。近くにこんなお店があってよかった。最近の東京下町エリアはカフェ激戦区になってきているので、ますます楽しみなエリアになります。

f:id:project634:20170513194927j:plain

※イメージ写真です。実際はここまでハードではないです。

工事責任者の常務と現場監督をお二人をご紹介頂きました。お二人とも非常に温和で優しい笑顔が素敵でした。また仕事に誇りをお持ちで信頼してお仕事をお任せできそうです。とても安心しました。

 

地鎮祭の実施

地鎮祭では、玉串料(3万円)+御供物を準備する必要があります。

御供物は「米(1合程度)、塩(1合程度)、野菜(5品)、果物(3品)、海産物(鯛or乾物)、水(コップ1杯)、酒(1升)」との指示です。

f:id:project634:20170513192753j:plain

失敗はスーパーでは鯛が切り身しか売っておらず、適当におつまみ用?スルメ干物を買いました。神主様が「小っさって呟いてましたw」。海産物は事前準備をお勧めします。

建築家(K子さん)、施主(A男、A子)、施工者(K社長)の順番で「エイ!エイ!エイ!」やってきました。やはり工務店の方は迫力がありますね。

 

近隣挨拶

我が家は御覧の通り狭小地で4軒の家に3方向囲まれています。4軒皆様へ挨拶を行う予定でした。工務店さんも粗品を用意して頂きましたが、施主も粗品(無印のハンドタオル)を用意して挨拶に臨みました。でも平日の午前中なので皆様外出されており、1軒のみしか直接お会いできませんでした。(とても優しく感じの良い老マダムで安心しました。)残りの皆様への挨拶は工務店さんにお任せすることとしました。

f:id:project634:20170513193920j:plain

※私はスーツを着ていきましたw

 

銀行との打合せ前にトラブル発生

近隣挨拶後に銀行と融資契約に向けた契約書を締結予定でした。そのためには建築確認済証が必要だったのですが、確認申請が通過していませんでした。(前日にI女史に念のため確認したところ、まだ承認降りていないとのことは把握しておりましたが、当日まで粘っていました。)M銀行には事情をお話しして、契約を再来週実施することでご了承を頂きました。併せて工務店への初回支払いが月末になることもご了承を頂きました。確認申請に併せて余裕をもってスケジューリングしてきたつもりが誤算でした。

(5/12 確認申請の承認が無事におりました。)

 

地鎮祭の感想

トータルで掛かった費用は、3~4万円程度になります。でも施主(A男、A子)、建築家(K子、I女史)、工務店(社長、工事責任者の常務、現場監督)とプロジェクトに関わるメンバーが揃って心を一つにして無事を祈願するのは非常に意味深いと思いました。まさにプロジェクトのキックオフですね!!これからが本番です!来週は地盤改良工事を実施します。

 

f:id:project634:20170513201712j:plain

 

にほんブログ村 Click me!